アウトドアの新しいアクティビティ!大人のラジコンはじめました!

アウトドア

皆さんこんにちは!タツです!
今回は、大人が始める新しい趣味「ラジコン」についてご紹介います!(@tatsu_uctv)
以前から、キャンプにもうひとつアクティビティを増やしたいと思っていました
カヤックも気になるけど、予算的に厳しいし・・・
釣りもいいけど、全然分からないし・・・
そこで思いついたのが、オフロードを走れるラジコン!
インスタで、「タミヤのランチボックス」というラジコンをキャンプに持って行ってる人がいました!
完全にその影響を受けて買っちゃいました!
今回は、タミヤラジコン「ランチボックス」の魅力をご紹介します!

1.何故今更ラジコンなのか?

実は私、小さい頃ミニ四駆は買ってもらい走らせていた事もあるのですが、ラジコンは高級で買ってもらえず、この歳(33歳)になるまで手にした事がありませんでした。

なので、最近になるまでまったく興味すらなかったのですが、インスタでフォローしている方が、キャンプにラジコンを持っていって走らせているのを見て、完全に一目惚れ。それが今回ご紹介するランチボックスになります!

キャンプ場でのアクティビティも増やしたいと思っていて、釣りやカヤックも候補にあったのですが、子供も楽しめそうということでこの歳でラジコンデビューを果たしました!!

2.ランチボックスとは?

引用:タミヤHP

ランチボックスとは、タミヤRCカーシリーズのひとつで、名前とは裏腹のアメリカで人気のカスタムバンをイメージしたフォルムと、リフトアップされた車体、目を引くビックタイヤで構成されたラジコンの事を指します!(確かに見ようによっては弁当箱っぽさもあるけど・・・)

作ってみると、意外とサイズがでかい事に驚くのですが、でかいのにトップスピードはびっくりするほど速いのもランチボックスの魅力!しかも急発進するとウィリーまでします!笑

ラジコンというと、おもちゃ売り場で売っているような、既に組み立て終わっていて電池を入れて走らせるタイプの物を想像される方が多いと思いますが、タミヤのラジコンは1からプラモデルのように自分で組み上げて、受信機を本体に取付け、プロポと呼ばれるコントローラーを使って自分で操作ができるように組み立てる物になっています。

私のような初心者の方は、割高になりますが既に組み立てられたキットを販売しているお店もあるので、そちらをゲットする方法もありますが、1から自分で組み立てたラジコンを動かせたときの感動は計り知れません!!正直ちょっと難しかったのと、組み立て後もいろんなトラブルに巻き込まれていますが、それも含めてとても楽しいです!

3.ランチボックス作りの難易度

正直、ラジコンを組み立てた経験がほとんど無いので比べようがないのですが、私のような初心者でもひとまず「走らせる」事に関して言えば一発で成功することができたので、プラモデルやミニ四駆を作った事がある人なら問題なく組み立てる事が可能だと思います!

ただ、作り終えた後「あんまり曲がらないな」とか「カクンカクンするな」など気になる点がどんどん出てきて、手直し手直しで完全にラジコン沼に両足に浸かってしまいました。笑

これから、ランチボックスの改造やメンテなんかについても記事にしていきます。

4.アウトドアとの相性

アウトドアのアクティビティを増やそうと思い、今回始めたわけなのですが、悪路を走ったり自分たちでコーンをおいてコースを作って走らせたり、アクションカメラを搭載して車載映像を取ってみたり、とにかく遊びの幅がかなり広がりました!

オフロードラジコンなので、悪路に果敢に攻めていくというスタイルの遊び方もできて楽しいです!最近は、ラジコンで遊んでいるキャンパーを他にも見かけるので、声をかけて一緒に遊んでみるというのも楽しいかもしれないですね!

下記は、キャンプに行った時にラジコンで遊んだ様子です!!

5.まとめ

ラジコンって、子供のおもちゃでしょ?と思っている人も結構多いと思うのですが、大人も子供も楽しめるアクティビティですので、それこそご家族で楽しんでみてはいかがでしょうか?

ちなみに、私達家族も初めのうちは家族3人でランチボックスの奪い合いがおきていたので、最近は一人一台ラジコンを持って遊びにいくようになりました!笑

パーツもお手頃価格で手に入ってしまうので、「次はどこをいじろうかな?」と最近は常にラジコンのことで頭がいっぱい!きっとあなたもラジコン沼にハマること間違いなし!おすすめです!