残業は無意味!今すぐ帰るべき理由

仕事
皆さんこんにちは!タツです!(@tatsu_uctv)
今日は「今すぐ帰ろう!残業は絶対にしちゃダメ!」というテーマでご紹介します。

1.残業は何故しなければいけないのか?

あなたは職場で月にどのくらいの残業をしていますか?10時間?50時間?中には、100時間近く残業をしている人もいるのではないでしょうか??私も若い頃は100時間以上残業をすることもありました。

では、あなたはなんで残業をしているのでしょうか?残業をしている理由を考えたことはありますか?ちなみに私は、「残業代を稼ぐ為」に残業をしていた時期がありました。生活の為の残業ですね。あとは、時間内に仕事を終わらせることができずに、やむを得ず残業をするというケースもあると思います。

でも、本当は残業をしたくないのに、仕事を時間内に終わらせることができない。そういう方も多いのではないですか?そんな仕事量を、会社があなたに要求しているのであれば、そもそもそれはあなたが務めている会社に問題がありますよね?あなたの上司は、あなたの仕事をしっかり管理できていると言えるでしょうか?

残業代を稼ぐ為に残業をしている人は、残業をすることが楽しくてやっているのでしょうか?おそらくNoですよね?同じ給料もらえるなら、短い時間働いて余暇を楽しみたいと思うのが自然だと思います。

今あなたは何故残業をしているのか?まずはその理由をもう一度考えてみて下さい。

2.残業は無駄な時間

私は、基本的に残業は無駄な時間だと思います。特に、やむを得ない残業ではなく、残業ありきで仕事が組まれている会社や、生活の為の残業は本当に無駄な時間だと思います。

まず、残業が当たり前という前提で仕事が組まれている会社。私が以前務めた会社は、定時である18時から毎日「夕礼」なるものがありました。そこで、今日は残り何時間くらい残業をします!という宣言を一人ずつしていたんです。要は、最初っから定時に仕事を終えない前提のミーティングが、定時である18時から行われていたんです。

定時とはいったい・・・?

ただ中には、(私の務めた会社では大多数)残業をいっぱいして、お金を稼ぎたいという人がいるものです。でも、それも同じ給料がもらえるなら、短い時間で仕事を終えたいと思いませんか?その方が時給換算にすると絶対に良いですよね?誰でも時給の高い仕事がしたいはずです。

残業するのが楽しい人はなかなかいないと思います。気がついたら、会社の空気に流されて残業をしていませんか?

3.残業=仕事ができない


多くの日本企業が、「残業する人=頑張っているとか、能力がある、会社に貢献している」という評価をし、残業が多ければ出世する、なんて話もよく聞きます。

ただ、私の考えはむしろ逆で、「残業する人=仕事が遅い、能力がない、会社に不利益」だと思うんです。

まず決められた時間内に仕事の組み立てができないというのは論外だし、時間内に終わらせられないのは、シンプルに仕事が遅いからだと思います。それに、時間内に終わらせられない仕事は「人にお願いする」というのも大事な仕事の一つだと私は思うんです。

また、残業が増えれば当然会社は「残業代」を支払わなければならなくなります。その人件費払うなら、会社も残業代支払わずに同じ仕事量をこなしてくれる人の方が雇いたいと、本当は思っているのではないでしょうか?更に細かい事を言えば、残業中の電気代は誰が払うんですか?

そう考えると、残業する人=会社に不利益だと私は思います。

4.人生は無限ではない。

人生は無限ではありません。それなのに無断な残業で、人生を棒にふるのなんてもったいなくないですか??

生活の為に残業をしている人がいれば、残業しなくても同じ給料をもらえる会社を探してみるべきだし、副業をしてみるなどいろいろ方法はあると思います。何も行動せずに「それが社会人だから・・・」と自分に言い聞かせて残業してませんか?かくゆう私もそうでした。

残業が「当たり前」になっている職場で働いている方は、残業=当たり前のマインドを切り替える必要があると思います。残業=悪 残業=無駄 だということを、気がついたら会社の雰囲気に流されて、なんとなく残業してしまっている人が多いと思うのですが、私は残業するくらいなら家族や大事な人との時間や、自分のやりたいことにもっと時間を使うべきだと思います。

もう一度言いますが、人生は有限です。その残業、本当に必要ですか?もう一度考えてみて下さい。以上、タツでした。(@tatsu_uctv)