LOOPERの感想レビュー。過去の自分VS未来の自分、勝つのは・・・??

洋画
皆さんこんにちは!タツです!(@tatsu_uctv)
今回は、SFタイムトラベル映画「LOOPER」をご紹介します!

1.LOOPERのあらすじ


引用:IMDB

「BRICK ブリック」のライアン・ジョンソン監督とジョセフ・ゴードン=レビットが再タッグを組んだSFアクション。ブルース・ウィリスとゴードン=レビットの主演で、30年後からやってきた未来の自分と対じする暗殺者の姿を描く。タイムマシンの開発が実現するも、法律で使用が禁じられている近未来。法を恐れぬ犯罪組織が、消したい標的をタイムマシンで30年前に送り込み、そこにいる「ルーパー」と呼ばれる暗殺者に標的を殺させていた。凄腕ルーパーのジョーはある日、いつものようにターゲットの抹殺指令を受けるが、未来から送られてきた標的は30年後の自分自身だった。

2012年製作/118分/PG12/アメリカ
原題:Looper
配給:ギャガ、ポニーキャニオン

引用:映画.com

2.予告動画

引用:YouTube

3.各映画レビューサイトのレビュー

→2020年6月19日現在

4.タツの総評

75/100点満点
タイムトラベル物の新たな傑作!

①似てない問題について


引用:IMDB

まず、今作を観終わった後に誰もが思うことですが、ジョセフ・ゴードン・レヴィットブルース・ウイルスが似てない問題について・・・たしかに似てません!!一応、ジョセフ・ゴードン・レヴィットの鼻が特殊メイクでブルース・ウィルスに似せていたり、演技で寄せているというのは伝わってきますし、頑張っているというのはわかります。ただ、似てません!笑

ちなみに、経年劣化としてだんだん髪の毛が後退していくのですが、序盤しっかり若い主人公が鏡で生え際を気にするシーンが入っていて、そこまで細かくブルース・ウィルスに寄せる演出をしなくてもと笑ってしまいました。

②スターウォーズ、シークエルの監督も担当

スターウォーズEP8で監督を勤めたライアン・ジョンソン監督の3作目にあたるSF映画。この作品がすごく面白かったので、スターウォーズもあの監督なら間違いないな!と思っていたのに・・・蓋を開けてみたらク○映画に仕上げっていました!笑

監督の作品の特徴として、とにかく絵作りが新しくちょっとクリストファー・ノーラン作品に似た映画を作る人という印象があって、実際SWのEP8がこけたのも、その作家性の濃さが色濃く出すぎてジョージ・ルーカスが作ったサーガにはうまく溶けなかったのが原因かなと思います。

そんなこんなで、ライアンジョンソン監督には「俺のスターウォーズをめちゃくちゃにしやがって!」と、ここ数年殺意を抱いていたのですが、つい先日EP8を見返してみたら、意外と熱が覚めているからか「そこまで悪くないな」と思える程までに自分も成長できていました。笑

それで気になって久しぶりにLOOPERも鑑賞してみましたが、やっぱり面白いですね。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥3,264 (2020/07/16 12:15:20時点 Amazon調べ-詳細)

③タイムトラベル描写や、未来の描写が新しい


引用:IMDB

まず斬新なのが、タイムトラベルの描写。今までのタイムトラベル系映画って思い返してみると、バックトゥザフューチャーにしても、ターミネーターにしても電気がバチバチなってドカーンみたいな派手な演出が多くて、それ自体が見どころになっていたわけですが、今作のタイムトラベルシーンは、ジャンプカットで急にパッと目の前に人が現れるんですね。ターミネターみたいに裸で未来から来ることもなく、妙にそっけなくて逆に新鮮でした。今までこういうのは見たことがなかったですね。

未来の武器や、それこそタイムマシーン(こんなんで過去に行けるの?というガラクタ風)とかもローテクな感じでいいですね。SF映画で描かれる未来って空飛ぶ車とか、超高層ビルとか、レーザー銃とか、全体的に無機質なデザインが多い印象が強いので、たしかに未来って案外こんなものかもなと飲み込みやすかったです。

他にも印象的だったのが、ポール・ダノが演じるセスというキャラがループを閉じるのに失敗して、未来の自分が逃げ出した後、過去セスをとっ捕まえて闇医者が人体を解体していくのですが、それに伴って未来セスの人体が欠損していく描写がとても嫌なシーンになっていてゾッとしました。突出してグロいとかではないんですが、なんか嫌な気持ちになるんですよね・・・若干トラウマになりそう。

前半は、過去の自分との対峙する的な話なのですが、後半は少しターミネーター要素と恋愛要素が入ってきて、前半とは一気に作品の雰囲気が変わるのも面白い。こう聞くとなんかまとまりの無い内容に聞こえるかもしれませんが、ラストはなるほどそうきたか!と、とても腑に落ちるラストでした。

タイムトラベルやタイムループ系の映画が好きな人には是非観ていただきたい一本です。

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥1,580 (2020/07/16 04:00:45時点 Amazon調べ-詳細)

4.みんなの感想


確かに目の前に未来の老けた自分が現れたらまず、驚いて撃つどころじゃないな・・・

展開は確かに読めないけど、ラストはとても腑に落ちるスッキリとした終わりでした。

セス解体シーンは突出してグロいわけではないんですが、
本当に嫌ーなシーンになっていますね。

自分も昔NAロードスターに乗っていたので、懐かしかった。
また乗りたい車です。

5.まとめ

物語も映像も斬新な、ありそうでなかったSFタイムループ映画のオススメ映画です!まだ観てないよという方は是非、レンタルして鑑賞してみて下さい!Prime video ,Hulu,U-NEXTなどの動画配信サービスでも視聴することができますよ!