スターウォーズシリーズ、個人的ベスト5!おすすめの作品をご紹介します!

洋画
皆さんこんにちは!タツです!(@tatsu_uctv)
今回は、スターウォーズが大好きな私が選ぶ、
スター・ウォーズベスト5というテーマでご紹介します!

ちなみにスターウォーズシリーズは所謂「スターウォーズサーガ」「スカイウォーカーサーガ」と言われるエピソード1から9までの映画シリーズ意外にも、スピンオフ映画やアニメがありますが、今回はての映像作品の中から個人的なベスト5を決めてみたいと思います。

まだ、スター・ウォーズを観たことがないよ!という人にも参考になれば良いなと思います。


5位マンダロリアン(ドラマ)


引用:映画.com

いきなり、最新作を5位に選出してみました。まず始めに言っておくと「スターウォーズ初心者」向けのシリーズではありません!もちろんいきなりこれから観ても楽しめるとは思いますが、スター・ウォーズシリーズをある程度観てからこの作品を観始めたほうがより楽しめると思います。

主人公の名もなきマンダロリアン(マンダロア族)がヨーダと同じ種族の謎の幼児「ザ・チャイルド」とひょんなことから旅を始めるという、スター・ウォーズシリーズの中でも屈指の地味さを誇るこのシリーズ

でも、むっちゃくちゃ面白いです。

なんなら、続三部作(シークエル)よりもおもしろ・・・いや、なんでもないです!

日本の時代劇「子連れ狼」や西部劇的な要素を取り入れている今作。スターウォーズシリーズ自体がジョージ・ルーカスによって日本要素をかなり色濃く反映している作品なので(例えば、ジェダイは=時代劇のジダイから来ていたり、ジェダイの服が柔道着風だったり)、子連れ狼オマージュ

と聞いて

「おっ、これは作り手がSWシリーズをよくわかっている人だな」

と確信していましたが、案の定過去作への絶妙なオマージュシーンが入っていました。

昔、スター・ウォーズ公開年の年末にテレビ映画で「ホリデースペシャル」というものが放映されているらしいんですが(これがかなりの黒歴的作品らしい)なんとそのオマージュシーンも取り入れられているらしく、一度観ただけでは見つけることができないかなりコアな要素も入っているらしいので、何度も見返したくなるシリーズでした!

4位スターウォーズEP3シスの復讐


引用:映画.com

スターウォーズ初心者の方に一応説明しておくと、スター・ウォーズというのは元々EP4、5、6が1977年から1983年に公開されており、その前日談として描かれるのがEP1,2,3となります。なので、公開順でいくと6作品目になる今作。

スターウォーズの新3部作(通称:プリクエル)は公開当初、旧3部作ファンからあまり評判が良くなく、特にEP1はかなり評判が悪かったらしいのですが、自分は始めてスクリーンでスターウォーズを観たのがEP1だったので、それなりに楽しめたしジャー・ジャー・ビンクスがまさかそんなに世の中から嫌われた存在だったことなど全然知りませんでした。

むしろ、過去作に比べて圧倒的にライトセーバー戦のクオリティが上がっているので、自分は新三部作も割と肯定派だったりします。中でも特に好きなのがこのEP3。はっきり言って、4,5,6から観ている人からすれば「そりゃそうだよね」という終わり方をするのですが、とにかくシリーズの中でもかなり暗い終わり方をします!

完全に、バッドエンドです!その暗さがいいですよね。

ライトセーバー戦がシリーズの中でもとくに多い今作!それだけでも見どころ満載です!戦闘シーンが尺的に長いこともそうですが、対戦相手の数が多いのでいろんなレパートリーの格闘を見れるのもいいですね。

ジェダイ・マスターには実はそれぞれに流派がありまして、守りの型とか攻めの型とかいろいろあるんですよ。新三部作はジェダイ全盛期でそれぞれに個性的なルックスや戦闘スタイルを持っていることが分かり、その辺りの世界観の広がりを見せたのも魅力的でしたね。↓に7つの戦闘フォームについての記事のリンクを貼っておきますので、気になる方はどうぞ!

更にグリーヴァス将軍という新キャラも最高で、ライトセーバーを4本持ちして、しかも後ろの二本の手をブンブン振り回しだしたじゃありませんか!!

「なんだ、このズルい戦い方!こんなの観たこと無い!」

ボンクラ少年だった私を一瞬で虜にしてくれました。ちなみに、このグリーヴァス将軍は劇中ゴホゴホ咳をしているのですが、これはジョージ・ルーカスの咳の音をサンプリングして加工して作られたものらしいです。そういう小ネタやトリビアを拾っていくのもスターウォーズシリーズの面白いところですね。

3位クローン・ウォーズ(アニメシリーズ)


引用:映画.com

クローン・ウォーズはスター・ウォーズEP2クローンの攻撃の直後から、EP3につながるアニメシリーズでジョージ・ルーカスも製作総指揮として携わっている作品なので、紛れもないスターウォーズ作品に仕上がっています。

新三部作は、上述した通りジェダイの活動がまだ活発だった頃の作品ということもあって、たくさんの個性豊かなジェダイが出てきますが、劇中にセリフもほとんどなくて、活躍があまり見れなかったのが残念だったんです。でも安心してください!クローン・ウォーズでシーズン7までたっぷり描いてくれていますから、それぞれのジェダイの特徴などもしっかり抑えられています。

また、個人的に好きなキャラクターだったグリーヴァス将軍がEP3で唐突に出てきた上に、あまり出番がなかったのが消化不良だったのですが、その不満もこのシリーズで解消されました。

新たな、パダワン(ジェダイ・マスターの見習い)であるアソーカ・タノの活躍や、新たなシスであるアサージ・ヴェントレスが出てくるのも良いですね。

更にまさかのアノ人の再登場。これでもかと見どころを詰め込んできます。

ちなみに今シリーズの監督は、デイブ・フィローニ先程ご紹介した「マンダロリアン」でも制作に携わっていて、ジョージ・ルーカスの弟子的な存在らしいです。通りで両作とも面白いわけですね。

2位スターウォーズEP4新たなる希望


引用:映画.com

スターウォーズシリーズの原点にして最高の作品の一つです。もう何度観たかわかりません!スピンオフ作品やいくつかのスターウォーズドキュメンタリー映画も含めて、全ての作品が一作目である新たなる希望へのリスペクトが込められた作品になっています。

その当時はかなり前衛的な内容だった映画で、ジョージ・ルーカスは公開時も周りの評価が怖くて国外に逃亡してたなんて逸話もあるくらいです。今となってはポップアイコン的な映画となりましたが、それだけ当時は衝撃的な作品だったんですね。酒場に出てくるチョイ役にまでスポットがあたって今ではグッズが出たり、未だにカルト的な人気を誇る今作。

ちなみに、EP4に携わった演者達にスポットを当てた「エルストリー 1976新たなる希望が生まれた街」という映画で、このEP4公開当時についての雰囲気が語られているので、セットで鑑賞するとより楽しめると思います。とは言ってもちょっと内容がハードコアなので、シリーズを全て見てからでも全然OKです。

それから余談ですが、現在販売されているブルーレイなどの映像ソフトに収録されいるのは、実は1977年公開時のオリジナル映像とは異なる映像でして、1999年に公開されたEP1の前に公開された1997年の「特別編」というバージョンで、一部の映像にCGなどでリメイクを加えたり、音声を加えられたりしたモノになります。実はこれがファンの間でも賛否ありまして、ソフトが出る度に毎回細かな変更を加えて修正をするもんだから、原型無くなってきてるじゃないか!なんて意見もあったりします。

下記のDVDのバージョンですと、オリジナルの上映バージョンを鑑賞することもできるので、特別編と比較しながら観るのも面白いと思います。

1位スターウォーズ EP5 帝国の逆襲


引用:映画.com

個人的スターウォーズランキングベスト1はエピソード5、帝国の逆襲です!!まず4からのバージョンアップがすごい!!有名な帝国のマーチ(ダースベイダーのテーマ)のフレーズも実は4では一度も流れず、初めて5から流れていたりします。

その他、新キャラの登場も多く人気キャラのヨーダの登場や、個人的に大好きなボバフェットというキャラの登場により、マンダロリアンという種族が新しく設定として加わったことで、上述した「マンダロリアン」という作品が誕生していたり、ランドカルリジアンが登場したりと、後々の作品に影響するキャラがたくさん登場するのが魅力の一つ。

更に最後には衝撃の展開が用意されています!これは今となってはあまりにも有名なオチですが、公開当初は監督と一部のスタッフにしかそのオチを話していなかったらしく、公開時は演者や作品に携わった人にとってもサプライズ的な展開だったそうです。スターウォーズ最新作が、いつも情報統制を厳しくされているのはこの辺りから既に始まっていたんですね。

created by Rinker
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥8,680 (2020/09/22 20:32:04時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

スター・ウォーズはどこから見ればいいのか問題が取り沙汰されますが、個人的には

4→5→6→1→2→3→7→8→9

の順で観るのが良いかなと思います。このスターウォーズサーガを観終えてから、スピンオフ作品をオマケ的に楽しむのが良いと思います。あくまでその他の作品は、ジョージルーカスが考えた「スターウォーズサーガ」からの派生なのでしっかりここは抑えておきたいところ。

ちなみにスピンオフ作品としては、EP2とEP3の間の「クローンウォーズ」や、EP3とEP4の間の「反乱者たち」などがオススメで、劇映画作品としては「ローグワン」「マンダロリアン」などがおすすめです!

スターウォーズの世界観はどんどん広がっていて、ゲームやアニメ、漫画、ドラマなどいくら時間があっても足りないくらいの量になっています。他の作品も面白いものがいっぱいありますので、是非この機会に一気見してみてはいかがでしょうか??以上、タツでした。(@tatsu_uctv)

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥13,212 (2020/09/23 00:15:36時点 Amazon調べ-詳細)