映画「暁に祈れ」あらすじと感想。まさに地獄、タイの刑務所に収監された男の物語。

映画

皆さんこんにちは!ユーチューバーで、ライターのタツです!(@tatsu_uctv)
今回は、「暁に祈れ」という実話を元にした映画をご紹介していきます!
前からずっと観たいと言ってたよね!
そう!本当は映画館で鑑賞したかったのですが、
結局劇場公開中に鑑賞ができなくて・・
どうでしか??
タイの刑務所には何があっても、絶対に入りたくないなと思ったね。
地獄すぎる。
悪いことしないようにしないとだね!!笑
そんなにやばいの?
まずね、入れ墨だらけの囚人だらけで、入れ墨入れてないだけで浮きそう・・・
そういう感じ??それ役者さん??
それが実際の元囚人をキャスティングしてるんだって。
どうりでイカツイと思ったよ・・・
ほう。。ちょっとその囚人が出てくるシーンだけ観てみたい。笑

1.暁に祈れ、あらすじ


タイの刑務所に服役し、ムエタイでのし上がることに成功したイギリス人ボクサー、ビリー・ムーアの自伝小説を映画化したアクションドラマ。タイで自堕落な生活から麻薬中毒者となってしまったイギリス人ボクサーのビリー・ムーアは、家宅捜索により逮捕され、タイでも悪名の高い刑務所に収監される。殺人、レイプ、汚職がはびこる地獄のよう刑務所で、ビリーは死を覚悟する日々を余儀なくされた。しかし、所内に新たに設立されたムエタイ・クラブとの出会いによって、ビリーの中にある何かが大きく変わっていく。「グリーンルーム」のジョー・コールが主人公ビリー役を演じる。監督は「ジョニー・マッド・ドッグ」のジャン=ステファーヌ・ソベール。

2017年製作/117分/R15+/イギリス・フランス合作
原題:A Prayer Before Dawn
配給:トランスフォーマー

引用:映画.com

2.予告

引用:YouTube

3.各映画レビューサイトのレビュー


※2020年3月15日現在

Yahoo映画はかなり辛めなレビューですね。各レビューサイトによって点数が分かれるのは、ユーザーの年齢層や性別によっても変わるのかな?

4.タツの総評

95/100点

まさに、この世の地獄ですね。人気ブロガー「三角絞めさん」が昨年2019年のベストムービーにも上げている今作。ずっと気になっていましたが、今回U-NEXTにてレンタルして鑑賞をしました!!

タイの刑務所だけには絶対に入りたくないですね。しかも主人公であるビリームーアが、実際に窃盗でタイの刑務所に収監されていた時の実話を基に描かれている物語というんだからとゾッとします。物語の後半は、薬物に逃避していた主人公がムエタイと出会い、自分自身と対峙していくという物語となっていてスポコン要素も満載。

引用:映画.com


ちなみに今作で同じ雑居房で生活している、全身入れ墨だらけの囚人達は実際の元受刑者を起用しているみたいで、明らかにその立ち振る舞いは堅気ではありません!笑  顔面まで入れ墨入ってる人もいたり、雑居房のボス的な人はまぶたまで入れ墨入ってたけどあれどうやって彫ったんだ?

演者たちには、監督の指示で極力刑務所内での雰囲気を再現して欲しいという要請があったらしく、劇中で起こることは実際の元受刑者たちの体験談を元に作られているらしく、90%くらいが実際の話というので、まるでドキュメンタリーのような作品にもなっているのですね。

ジャーナリストのゴンザレス丸山さんの記事がとても面白かったので下記にURLを貼っておきます。

若干ネタバレになりますが、今作には実際の「ビリームーア氏」がある形で登場します。この登場のしかたもとても素晴らしかった。薬に溺れて崩れ落ちた人生と自分を、この映画を通して見つめなおすセラピー的な側面もある作品なのかなと私は解釈しました。

5.見どころ


・主人公と同じ恐怖を味わう
・囚人たちが恐ろしい・・・
・スポコン映画として秀逸

①主人公と同じ恐怖を味わう


引用:映画.com

序盤、主人公の部屋に警察が入ってきてから、あれよあれよと雑居房に入れられ、囚人たちも何か主人公に要求をしてきているものの、タイ語で話しているのでいったい何を言われているのかわからない恐怖が主人公を襲います。

その序盤のシークエンスをあえて「字幕無し」で演出しているので、見ている我々も主人公同様に「相手に何を要求されているのかわからない」状態が続き、見ていてめちゃくちゃ怖いんです、胃が痛くなるシーンですね・・・

後半にいくにつれて、囚人達に徐々に打ち解けていくまでは全然気が抜けない感じがして没入感が半端じゃないです・・・

②囚人たちが恐ろしい・・・


引用:映画.com

やはり今作の一番のみどころは、本当の元囚人達の見た目の凶悪さ。実際に犯してきた罪をさらっと告白する様が恐ろしすぎました・・・「俺は〇〇で2人殺したんだ」とかしれっと告白するんですが、実際の話ですからね・・・一緒に演技する人やスタッフもピリピリしてただろうなぁ・・・

もちろん刑期を終えてはいますが、恐ろしいリアリティ。劇映画のように見えてドキュメンタリー映画のようなそのリアリティこそが今作の一番の魅力といえるでしょう!

③スポコン映画として秀逸

後半は、前半とは雰囲気がガラっと変わり、主人公が自分の弱さを見つめなが厚生していく「スポコン映画」になっていきます。

ちなみに、このコーチ役のソムラック・カムシンさんは実際のムエタイキックボクサー選手で、1996年のアトランタオリンピックではなんとボクシングでタイ初の金メダルを獲得しているというとてつもない経歴の持ち主↓↓↓


引用:映画.com

今作では、タバコをスパスパ吸いながらバシバシとミットにキックを決めていくシーンがかなり様になっていました。笑
ロッキーって今見返すと、ボクシングシーンがあんまりリアリティがなかったり、訓練シーンが以外と短かったりするのですが、今作は訓練シーンもしっかり描いてくれる上にちゃんとラストに「訓練の成果」で相手を倒すシーンを入れてくれていて気が利いていました。

6.みんなの感想

今回はレンタルでの鑑賞でしたが、ソフトには丸山ゴンザレスさんにより現地取材が入っているとのことなのでこれも気になる!

タイの刑務所入れちゃうよ、は今後相当な脅し文句になるでしょう・・・

暁に祈れ、邦題は確かにかっこいい。

まとめ

SNSで暁に祈れの感想を見ると口を揃えて「タイの刑務所に入りたくない」「地獄すぎる」という意見がほとんどですが、本当にそうなんです!!言えるのはそれだけなんです!!笑
どれだけ地獄なのか・・・是非、ご自分の目でご確認頂きたいと思います!!以上、タツでした。(@tatsu_uctv)

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント
¥4,073 (2020/04/02 17:38:17時点 Amazon調べ-詳細)