顔出しナシ!YouTubeチャンネル登録者数の増やす方法を伝授します!

YouTube

こんにちは!ユーチューバーでライターのひょっとこです!
YouTubeのチャンネル登録者数がついに2,000人を突破しました!!
うわぁーーありがとうございます!!
これも皆さんのおかげです!!
正直、昨年ユーチューブを始めたときはこんな事になるとは思ってませんでした。
本当にね。こんなにたくさんの方に動画を観てもらえるとは思ってもいませんでした!
そんな今日はですね、これからYouTubeチャンネルを作ろうと検討している方に、
しがないサラリーマンでもチャンネル登録者をここまで増やすことができた方法を伝授していきたいと思います!

【YouTube】動画編集初心者に押さえてもらいたいポイントをご紹介します

2019.07.20

1.YouTubeに動画投稿!(準備編)

何事も準備が大事ですよね!!これからYouTubeに動画を上げたいと思っている人の中には、

「やりたいことが多すぎて、何を投稿すれば良いか悩む」
「自分は何が得意なのかわからない。」
「顔出しなしでも登録者は増えるの?」
なんて悩みを持つ方も多いのではないでしょうか??安心して下さい。全部当てはまってた私達がチャンネル登録者2,000人を達成できたので大丈夫です!

これから動画を投稿しようという方は是非参考にして見てください!

1-1.チャンネル登録者数100人に持つ印象

いきなりですが質問です。
Q1.チャンネル登録者数100人と聞いてどんなイメージを持ちますか?

→「新人」「底辺」「下層」ユーチューバー
というイメージを持つ方が多いと思います。

Q2 .YouTubeを始めてからどのくらいで100人がチャンネル登録をしてくれると思いますか?

→そんなの簡単だ、1ヶ月もあれば余裕でいく。

と感じる人も多いと思いますが、そうあまい世界ではありません。

正直私たちもYouTubeを始めてみるまでは「全然余裕だろう」と甘くみていました!

引用:ぱくたそ

Q3.YouTubeで何か動画をみるときに、わざわざ登録者が低いチャンネルの動画や、再生数が少ない動画を見ますか?

→答えはNOですよね?

例えば同じタイトルのゲームを有名実況者がプレイしていたら、必ずそっちの動画を見ますよね?
要するに何が言いたいかといいますと、

登録者が少ない」「再生数が少ない」動画はよっぽどのことがない限り見られる機会が少ないわけです。

このことを我々夫婦は「まだみんなが自分達を見つけてくれていない」と表現していました。どんなに優れた動画でもこれは仕方ないことだと思っています。

つまりよほど影響力がある人、または面白いコンテンツを作れる人でなければ、1〜10本動画をupしても、登録者100人達成すらできないでしょう。私のように「顔出しをしていない」人は更に難しくなってくると思います。でも大丈夫。それが普通です!!

ちなみに私達夫婦はYouTubeをやっていることすら「誰にも知らせていません」

引用:ぱくたそ

そんな「顔出しなし」「知り合いゼロ」の状態からどうやってチャンネル登録者を増やしていったのか?今日は実体験を元にご紹介したいと思います。

1-2.自分の得意な分野、やりたい動画を把握する

ところで皆さんは普段YouTubeを見ていますか?
もし見ているならどんな物を見ていますか?

ゲーム実況?
ガジェット系?
企画やドッキリ系?
大食い系?

最近はいろんなジャンルがあるわけですが、
まずどんなジャンルの動画を作りたいかを紙に書き出して下さい。

引用:ぱくたそ

次に自分が得意なことは何ですか?

手先が器用でプラモデルを作るのがうまい
料理がうまい
何か特別な知識がある(フリーランスで成功してるなど)

これも紙に書き出してみて下さい。次に、今紙に書き出した内容で、

→1年、もしくはそれ以降もずっと継続して動画にしていけそうな物にチェックをしてみて下さい。

複数でも構いません。というか複数あった方が良いと思います。
おそらくそのメモに残っている動画をひたすら上げ続けることが一番大事なことだと思います。

最初のうちは再生回数も全然伸びないので、せっかく動画編集に力を入れても、伸び悩んで心が折れそうにもなりますが、ひたすら動画を上げ続けて下さい。

すると50本〜100本くらい動画を上げたくらいで、

→どういう動画がYouTubeにて需要があるのか?
→視聴者は自分に、どういう動画を求めているのか?

というのが見えてくると思うんです。結論から言いますと、これが一番大事なことになります。

とにかく動画を上げ続けること!
これが一番大事!!

1-3.顔出し無し、YouTubeとの相性が良い動画とは?

特に我々のように「顔出しをしていない」ケースの場合

「YouTubeとの相性」というのも関係して、「需要と合わない動画」というのが出てきたりします。

例えば、自分達は最初の頃、コンビニなどで販売している食べ物の購入品紹介と食レポをやりたいと思って「瀬戸弘司さん」の真似をしてやっていた時期がありました。

これがですねぇ

全然見られないですよ!(笑)
しかも今見返すと全然面白くないんですよ、動画として。

引用:ぱくたそ

何で面白くないのか研究していくと、食レポって食べた瞬間のリアクション一発でいかに持っていくかが重要だったりすると思うんですが、顔出ししてないと「声」でしか表現することができないんですよ。

同じ物を食べるのに「表情」もあってよりわかりやすいリアクションをする動画の方が絵として面白いですよね。つまり顔出ししてない場合、食レポはYouTubeと相性が悪いということになります。

このように、「顔出ししない場合」のYouTubeとの相性のような物が動画を上げ続けていくと見えてくると思います。

なので、とりあえず動画をひたすら上げ続けて下さい!!
もう一度言います、これが一番大事です。

1-4.需要とやりたいことが必ず一致するとは限らない

前項でも書きましたが、
「自分がYouTubeでやりたいこと」=「実際に需要がある動画」とは限りません。

僕達は最初に

・ガジェット動画
・ゲーム実況
・購入品紹介 食レポ
・キャンプ、アウトドア系
・ラジオ
・旅行

をメインで動画作りを開始しましたが、
このうち再生回数が伸びているのは

キャンプ、アウトドア関係の動画くらいだったりします。
その後始めた、「車中泊」動画もおそらく「アウトドア」の一環として再生回数が伸びましたが基本的にそれ以外の動画はあまり再生回数が伸びませんでした。

引用:ぱくたそ

つまり自分達が「作りたい動画」「得意なことをする動画」の全てが必ず需要があるかといえばそんなことはありません。

その為にも、前項で書き出した「自分達が作りたい動画」「得意な動画」というのはたくさん引き出しがある方が良いと思います。

その中で需要があるものがあればその動画をメインにしていけば必ず再生数、チャンネル登録者数は増えていきます。

得意な動画、自分達のつくりたい動画で自分達に求めらている動画がだんだんとわかってきたら、そこをメインで伸ばしつつ「自分達がやりたい動画」も増やしていけば相乗効果で色々な層のファンが自分達に着くと思いますよ!

1-5.継続してUPしていける動画であることが大事

前項でやりたい動画をリストアップする話はしましたが、まずは1年、それ以降もその動画を続けていけるのか?というのもかなり重要になります。

例えば、自分達も一時期迷って「プチプラ商品」の購入動画とか、
「ガジェット動画」とかを見るのが好きだから挑戦してみようという時期がありました。

引用:ぱくたそ

でも、プチプら商品を買い続けたらそれを置く場所はどうするんだ?
ガジェットってひとつひとつ高いからお金が持つのか?
と考えると長く続けていくのは少し難しいなと思い諦めました。

子育て、仕事をしながら無理なく、お金がなるべくかからないこと。
今の趣味をそのまま活かすことができそうな動画に絞って撮ることにしました。

無理なく継続してUPしていける内容がベスト!
ここまでのまとめ
1得意なこと、つくりたい動画を整理する
2とにかく動画をupしまくる
3自分達にはどんな動画が求められているのか分析する
4求められているジャンルをメインに動画を作っていく
5登録者数が増えると動画を見てもらえるチャンスが増えてくる
6自分が作りたい動画(求められているジャンルとは別でも可)もupしてみる
7いろんな年齢、性別のファンを作っていく

2.YouTubeチャンネル登録者1,000人へのプロセス

ここまでは、YouTubeでこれから動画を投稿していく準備段階についてまとめてみました。
ここからは、実際に私達のYouTubeチャンネルがどのようにチャンネル登録者数を増やしたのかをご紹介していきたいと思います。

2-1.チャンネル登録者数はどう伸びたのか?

YouTubeを始めて間もない人は、登録者数が全然伸びなくて割と早い段階で諦めてしまう人が多いはず。自分達も30回くらいは辞めようと思いました。(ちょっと盛り気味)

それでも約9ヶ月で100人から500人。800人。1,000人と登録者が増えていきました。

ここでポイントなのが私たちのチャンネル登録者数は100人から1000人に行くまで、どれくらいの期間がかかったと思いますか?

実は一ヶ月しかかかっていません。

そう、登録者100人達成までに8ヶ月かかって、それ以降はウナギのぼりで登録者数が増えました。これは何故か?答えはとっても簡単。

動画がバズったからです。

どうやって動画をバズらせたかは次項で説明します。

2-2.どうやって動画をバズらせたの??

動画を始めてちょうど半年くらい経ったころ、自分達の動画を見返すとあまりにも、

・ジャンルにまとまりがない。
・キャンプやアウトドア関係と旅動画がよく見てもらえている。

ということで、動画の方向性を
・キャンプ アウトドア
・旅
に完全にシフトしました。

ちょうど同じ時期、ひょんなことから「車中泊」に興味を持ち出して2、3回車中泊をして動画を上げていました。

その派生で、乗っている車もそろそろボロくなってきたし買い換えたいなと思い、車を見学に行ったんです。その時に回していた動画を軽く編集して投稿しました。

するとどうでしょう?
1,000回、5,000回、1万回、10万回!?

どんどん再生回数が増えていくじゃありませんか!!正直まったく狙っていませんでしたし、自分としてはまさに青天の霹靂といった感じでした。

これが動画がバズるってことか!!と驚きましたね。最高でも2 、3千回再生がやっとだったので、まさか自分たちの動画が1万回以上も再生される日が来るとは思ってもいませんでした。
ただのしがないサラリーマンでもやればできるじゃないかと、自分で自分をほめてあげたい瞬間でしたね。

これはチャンスと思い、立て続けに車に関する動画を撮影して投稿しました。これも万回再生越え。

驚いたのはそれだけではありませんでした。
どんどん、チャンネル登録者数が増えていくではありませんか!!

今まで見たことがない増えよう。
すごいときは1日に100人くらい増えた日もありました。

結局自分たちが登録者数1,000人達成できた一番の理由は

「動画をバズらせたことだと思います。」

どんな動画がバズるのか?
需要があるのか?ってYouTube始めたばかりではわからないし、気になりますよね?

ごめんなさい。正直なはなし、自分たちもなぜあの動画がバズったのか、いまだによくわかりません。(笑)

ただ私達の分析としては、

1.アウトドア好きの男性や、車中泊や車好きの男性に動画をみて頂く回数が多いということ(アナリティクスでチェック)

2.ここ最近クルマをキャンピング仕様などに改造して車中泊をする動画というのが流行っておりまして、その需要に自分たちの動画がハマった。

この2点の理由であの動画はバズったのだと思います。

どういう動画がバズるのか探る意味でも
「ただひたすら、動画up」をするっていうのは大事だと思います。
忘れたころにバズる動画を作れるはずです。

ここまでのまとめ
1.トレンドの動画をチェックしよう!
2.自分の動画をどういう年齢層や性別の人が視聴しているかチェックしよう!
3.バズるのを待とう!!

3.ライバルの動画を研究しよう

あなたが作っている動画のジャンルで有名な方はいますか??
僕達の作っている動画ジャンルにはそういう方々がたくさんいて、よく研究していました。

・どういう動画の編集のやりかたをしているのか?
・人気の動画はどれだ?
・サムネはどんなやつだ?

などなど。
特にオススメの研究方法なんですが、
中堅~大物ユーチューバーで同じジャンルをやっている人がいたら
動画を古い順で並べてみて下さい。

ある日を境に再生数がグンと伸びていると思います。
その動画がそのユーチューバーが「バズった動画です

その動画を見て研究しましょう
勉強になると思います。

それと同時に、大物ユーチューバーもこういう時期があったんだな。
自分達もいつかこれくらいになれるかも?

と自信やモチベーションに繋がったりもするので、
是非この方法を試してみて下さい。

4.まとめ

つらつらと自分達がチャンネル登録者数を1,000人までにした方法を
書いてきましたが簡単にまとめると

1.やりたい動画、得意なことを書き出す
→まずは書き出して、「どんな動画を撮って行こうか」方向性を決めましょう。
無理なく継続して続けられる内容をおすすめします。

2.動画をとりあえず撮って、動画をYouTubeにupしてみる
→とりあえず何事もはじめて見なければ、どうなるかなんてわかりません。
どういう動画が良いか?どうやってあげるのか?
と最初は細かい事を考えがちですが、何も考えず動画をあげてみましょう!

最初は買ってきたカップラーメンを食べて食レポするとかでもいいと思いますよ!笑
良かったかどうかは抜きにして、最初は自分達もそういう動画を投稿していました!

一本動画をupすればそこまで敷居が高くないことに気づけると思います。

3ひたすら動画をUPし続ける。
→正直最初は全然動画を見てもらえることはありません。
同じ時期に始めたユーチューバーがどんどん登録者数を伸ばしていって
焦った時期もありました。でも大丈夫です。必ず動画を続ければ動画再生数は伸びるし、
登録者数も伸びます!!

4動画の研究
→どういう動画に需要があるのか?
自分の動画は誰に見られている?
どういう動画がトレンドなのか?
アナリティクスなどで分析しよう!

需要がわかったらひたすら動画を上げ続けよう!

5.バズるのを待つ
→動画が一本でもバズれば、一気に再生回数やチャンネル登録者数は増えます。
登録者が増えれば、自分の動画を目にしてもらえるチャンスが増えます。

そこからは需要のある動画だけではなく、自分の得意なことや上げたい動画もUPしてみましょう。

僕たちが実践してきたのは大まかにこんな感じです。
「顔出し無し」で動画をUPしていくとなると、最初のうち登録者の伸びや再生回数が極端に少ないこともありますが、じっと堪えて動画UPをしていきましょう!

必ず登録者が伸びていきます。まずはチャンネル登録1,000人に向けてがんばりましょう!
次回は、YouTubeで登録者1,000人を目指す、「応用編」をご紹介します。

以上、ひょっとこでした。

【保存版】YouTubeでラジオ配信!!収録からラジオ配信までを説明します!!

2019.02.09