【酒代節約】ハイボールは買う派?作る派?安くハイボールを作る方法

グルメ

ひょっとこ
こんにちは、お酒大好きひょっとこです!皆さんもお酒は好きですか?

やっぱり一杯目はビールに限りますよね~!!


おかめ
でもビールって高いんですよね。それに糖質も高め。

それもあって最近は最初の一杯だけビールで、あとはハイボールを飲んでいるのですが、
そこでふとした疑問が沸きます。

ハイボールって缶で買って飲むのと、
作って飲むのどっちが安いんだ?

結論から言うと、作った方が安いんです!
今回はお財布に優しい、ハイボールについてご紹介致します。

4Lのペットボトルウイスキーがおすすめ

いつもウイスキーのハイボールを作るときは、
700mlのビンで購入してきて、炭酸水もスーパーなどで
市販されている物を使って作っていました。

でもそれだと高くつきます。

ウイスキーの業務用として4Lのめちゃくちゃ大きい
ペットボトルが売られているのはご存知ですか?
こんなやつです↓↓

これが4Lのペットボトルなんですが、3千円台で購入することができます。
角瓶などの少し高級なやつは例外ですが、

・凛
・トリス
・ブラックニッカ

辺りの4Lが非常にリーズナブルでおすすめです。
もうひとつペットボトルのウイスキーを購入するメリットとして、
瓶で購入するよりも飲み終わった後の片づけが簡単ということも挙げられますよね。

炭酸水

コンビニやスーパーに売られているような
ウィルキンソンなどの炭酸水は値段が少し高いのですが、
amazonや楽天で炭酸水を探すとお手頃な炭酸水がたくさんあります。

僕もこれを購入しました↓↓

これなら1本あたり69円で購入することができます。
探してみたらもっと安い炭酸水も存在しているので、
相当安くハイボールを作ることが可能なようです。

作る方が安い?缶で買うほうが安い?

4Lのペットボトルウイスキーで何杯ハイボールができると思います?
もちろん濃さににもよりますが、一杯40mlのウイスキーで
100杯のハイボールを作ることができます。

トリスを例に見てみると1杯辺り36円で作れる計算になります。
どうですか?安いでしょ?

これに炭酸水と氷を足しても
1杯60円程で、ハイボールが作れるので、
缶で購入するより明らかに安くなるわけです。

いちおしくんのススメ

4Lのウイスキーの購入にはデメリットもあります。
それは、開けたばかりの頃は
重さで、コップに注ぐのが至難の業であるということ。
重すぎてちょっと的を外してしまったりしておりました。

そこで見つけたのがこちら↓↓

いちおしくん。
こいつは優れもので、注ぎ口にセットして、
ワンプッシュすると定量の30mlが出てくる仕組みになっています。

これならハイボールの濃さも調整できて良いですよね。

最後に

お酒が好きで、毎日仕事買えりに買って帰る方、
スーパーに行ったときに買いためをする方で、
車まで運ぶのが重くて大変だなーと思っている方は是非ネットで注文することを
おすすめします。

ひょっとこ
自宅の玄関まで運んでもらえるので、とても便利ですよ。

以上、ひょっとこでした

【センベロ】サイゼリアでせんべろ!?本当にできるのか検証してきた!!

2018.11.04