【ビデオデッキ】VHSデッキはお宝!家で、眠っているビデオない?VHSの魅力を語ります!

ガジェット

ひょっとこ
おかめさん、VHSってなんだか知ってる?

おかめ
何それ?ゲーム?

ひょっとこ
違う違う!ビデオのことね。

おかめ
あ~懐かしいね、あれVHSって言うんだ

10代の方はもしかしたら、VHS自体を知らないかもしれないので、一応紹介しておくと、

引用:VHSをDVDに変換する方法(LEAWO)

こんなやつです。
所謂、ビデオテープというものを再生する機械なんですけど、今日はこのVHSデッキの魅力、
VHSという媒体の魅力について紹介します。

VHSデッキは、お宝

今はDVDやブルーレイが主流の時代ですので、
VHSを使ってる人はほとんどいないと思うのですが、
もしまだ使える物を持っているのなら・・・

絶対に捨てないでください!

なぜかと申しますと、実はこのVHSデッキを日本で唯一製造していた
船井電機という会社があるのですが、その会社が
2016年にVHSデッキの製造を中止しているんです。

出典:船井電機公式HP

その為、現在はVHSデッキを新品で購入したくても、できなくなってしまったわけです。
その影響か、中古のVHSデッキも値段が高騰しているそうで、
数年前までガラクタ同然に扱われていたデッキが今となっては、お宝状態になっているのです。
(ちなみに、Amazonで中古のVHSデッキを探すと、やはり高値で販売されていました。)

なので、今後程度の良い物を探すとなると、値段がどんどん釣り上がる可能性もあるので、
もし、使わなくなったデッキなどが身の回りにあるようでしたら、是非確保しておくことをおすすめします。

出典:VHSビデオデッキ、ついに生産終了(SankeiBiz)

VHSデッキを取っておいてどうする?

ここからが本題ですが、
そもそもデッキを残してどうするの?
と思われる方も多いですよね。

映画ならDVDで見ればいいじゃん、というお気持ちもわかります。

実は世の中には、未だにブルーレイはおろか、DVDにもなっていない、
映画作品や映像作品がたーっくさんあるのはご存知ですか?
つまり、世に出回った映画や映像作品はすべてDVD化されているわけではないんです。

こんな経験はないでしょうか?
観たい映画があって、レンタルショップやAmazonなどでDVDを探してみたら、
商品自体が存在してなくて見れなかったこと。
これがまさに、未DVD化作品です。

これは、私のコレクションの一部のVHSで、どれもDVD化されていない作品です。
南部の歌は、ディズニーランドのスプラッシュマウンテンでもおなじみの作品です。
これ、実はDVD化されてないんですよ。
こんな感じで、DVD化されていないVHS作品を掘り出すという楽しみ方もできますよ。

要するに、デッキを、持っていないと観ることができない映画がたくさんあるということです。
そういう作品はVHSでは販売されているケースがあるので、Amazonかヤフオクで探してみてくだい。

ひょっとこ
DVD化されていない作品は、渋谷のTSUTAYAに行くとVHSでレンタルもできますよ!

安いならVHSで買うのもあり?

そんな、未DVD化作品の数々ですが、
最近は、だんだんとDVDやブルーレイ化されている映画も増えてきてはいますが、
その手のソフトはたいてい値段が高いです。

これはあくまで憶測ですが、
ハリウッド超大作のように、ある程度需要がある作品は価格を下げても商売になるけど、
未DVD化だった映画というのは大半がコアな映画なので、需要があまり無いこともあってか、値段が高いことが多いんです。

そこでおすすめなのが、あえてVHSでソフトを購入する方法。

同じ作品でも、VHSで買えば500円で買えるものが、DVDだと3,000円だとします。
よほどの思い入れがない場合は、自分ならVHSを選びます。

映画って、映像美を確認する為に見るのではなくて、あくまで内容が気になってみるものなので、
画質は粗くても満足いくことと思います。
作品購入の際の参考にしてみて下さい。

昔のVHSをデータで保管

もう一つデッキを購入することをおすすめする理由は、僕らの世代ですと子供の頃の映像や、
昔撮り溜めた、日曜洋画劇場のような映画のビデオが実家にゴロゴロ転がっています。

その当時の映像をPCに保存しておきたいって人も多いですよね?
そんな方にもデッキの購入をオススメしたいです。
意外なお宝が見つかるかもしれませんよ。

実は私も、まだVHSの映像をPCに移していなかったので、
アマレコという機材を使って、今後移行作業をしようと思っております。

アナログならではのノスタルジーに浸れる

最近の映画は、80年代などのリバイバルの風潮があって、
その当時の映像を見ているかのようなエフェクトとして、
このVHSのような映像が使われていたりします。

少し前に観たブリグズビーベアという映画の冒頭の80年代風映像にも
使われていました。
やっぱり、VHSの粗い映像を今見返すと、懐かしい気持ちになりますね。

おすすめのVHSデッキの購入方法

以前、アナログレコードのプレーヤーを購入した際にもちょこっとお話したのですが、
ずばり、
ハードオフのジャンク品コーナーが、かなりおすすめ。

【アナログレコード】レコードプレーヤーで音楽を聴くってなんて贅沢!!アナログ・レコード入門

2018.10.13

ジャンク品コーナーには、完全に不動の部品取りや、直して使う用の商品もあれば、
少し汚れがひどくて、店頭に並べることができないような物も並びます。
つまり、後者のような商品の場合、動作に問題がないケースがほとんどです。

私も、ハードオフにて500円でVHSデッキを購入してきましたが、
リモコン付きで動作もなんら問題がない物でした。

ひょっとこ
これから購入する方は、ハードオフで買うのがおすすめです!

まとめ

今回はVHSデッキのオススメでした。

かなり昔に録画したビデオを見返すと、
その当時のCMなんかもみることができて、
きっと懐かしい思い出が蘇ってくると思います。
是非、4Kや8Kなどの高画質が主流の時代に、
あえてアナログなVHSで映画を観てみて下さい。
新しい発見があるかもしれないですよ!

ひょっとこでした。