【インストバンド】toeのパクリ

 

ひょっとこです!

普段はギターを弾いておりまして、

CUBASEという音楽制作ソフトにて、

ベースと、打ち込みのドラムトラックを作り、

ギターを2、3本録音して、バンドのデモ音源などを作っています。

現在組んでいるバンドは、

ギター2本

ベース

ドラム

シンセ

という構成のバンドで、インストバンドをやっております。

コンセプトはジャンルに囚われない、型にはまらないバンドを目指そうとしているのですが、

いまある曲は二曲とも toe のパクりみたいな曲です。笑

ちょっと前から動き始めて、まだ二曲くらいしかできていませんが、

それでも、楽しくやっています。

そんな感じで、曲作りをしていたある日、

曲作りにもっと幅を持たせたいな、と思いまして、

何か他の楽器の音を録ってみようかな?と思うようになったんです。

それで、

たまたまこんな動画を見たんです。

なんだこれ?

めちゃめちゃかっこいいな。

もともとギターのエフェクターがとにかく好きで、

機材オタクだったものですから、

そのガジェット感に一気に惚れてしまいまして、

いろいろ調べたんです。

Volcaというシリーズで、

「初心者でも直感的に扱えます」

なんて言われたりしてたので、どんどんその気にさせられていきます。

youtubeでも、瀬戸康史さんとか、jetダイスケさんがレビューしてたりしてたので、

動画をみて研究していくうちに、物欲がMAXに達して

買っちゃったんです。

Volca Key
Volca Bass

ふたつも。笑

両方ヤフオクで、7000円くらいで落札しました。

ヤフーカードを作ると、Tポイントが10,000PつくのでTポイントを使って購入しました。

普通のシンセを買うよりはお手頃だし、初心者にはたしかに良心的。

サイズは、ビデオテープくらいでコンパクトなのもかなり好みです。

気になる音なんですが、

正直シンセの音の善し悪しまでは、まだわかりませんが、

ものすごくいろんな種類の音を出せるし、

たしかに音を直感的に作れるので、

本当に楽しく音作りができます。時間があっという間に過ぎてきます。

まさに、大人のおもちゃ。笑

Volca Key の方はどっちかというとウワモノ的な使い方になるんでしょうか、

メロディとかに使うといいかも。でも低い音もだせるので、本当にこれ一台で曲ができてしまいそう。

Volca Bass は図太い音がするので、文字通りベースラインを作るのに最適かとおもいます。

両方の欠点を挙げるのであれば、やはり小型ゆえに全体の操作性は良いとは言えないかも。

キーボード部分も指の太い人はとなりの鍵盤を触っておとが出たりしちゃうんじゃないでしょうか?

自分はそれもあったので、最近は荒業でmicro korgとmidi接続して、

micro korgの鍵盤を使って弾いたりしています。

ガジェット系の楽器ってロマンがありますよね。

volca beatかvolcaサンプラーも欲しいなと思っています。

ビートを刻める機材を導入して、

ジャムりながら曲を作っていけたら楽しそうです。

他にも最近気になっているガジェット系の楽器もありまして、

Teenage Engineering
ポケットオペレーターPO-33 ko


これは、サンプラーになると思うんですけど、斬新なルックスで、

小型の電卓みたいな形をしているんですが、

これは、瀬戸康史さんの動画をみて惚れました。

↑この人の使い方がすごく上手で参考になりました。

楽器って本当買い出したらキリがないですよね。あれも欲しいこれも欲しいで。