【銀杏BOYZ】により人生をこじらせた男

音楽

ひょっとこです!

みなさん、銀杏BOYZをご存知ですか?

ボーカルの峯田和伸は、最近映画やドラマなどで俳優業もしているので、

見たことある人が多いんじゃないでしょうか?

この人です。↓

引用:CINRA.NET

その峯田和伸のバンドが「銀杏BOYZ」です。

今日はその銀杏BOYZについて語りたいと思います。

僕は中学2年生の頃にギターを買ったんですが、

初めて練習した曲が、GOING STEADYの銀河鉄道の夜という曲でした。

本当に名曲でねー。

銀河鉄道の夜が入っている、「さくらの唄」というアルバムは人生で一番聞いたアルバムかもしれません。

そこからパンクにどっぷりはまってしまいまして、

青春パンクとか、初期パンクとか、

とりあえず、速くてうるさい曲ばかり聞いていました。

そんな中でも、ゴイステは群を抜いて好きでした。

そんなゴイステが2003年に突然の解散。

本当にショックでした。

童貞で、青春真っ只中の僕には死ぬほどショックな事件でした。

そのゴイステメンバーが、ギター浅井さんはいないものの、

再度バンドを組んだっていうんで本当に興奮しましたね。

いまだに、銀杏ボーイズの誕生の興奮は忘れられません。

2005年にアルバムを二枚出して、

全国ツアーを回った銀杏ボーイズですが、

僕らの地域もツアーで回ってきまして、

そのツアーが自分にとって初めての「ライブ体験」だったので、

いまだに脳裏に焼き付いてます。

あの興奮があったからいまだにバンドをやめれずにいるし、

ギターを弾く原動力になってるといっても過言ではありません。

ゴイステに比べると、歌詞や曲調がより生々しくなっており、キャッチーさはなくなった

銀杏ボーイズですが、

悶々とした学生時代を送っていた僕には最高のバンドでした。

青春真っ只中の私にはものすごく刺さるバンドでしたね。

しかし、高校も高学年になるにつれ、

モテを意識するあまり、

銀杏ボーイズ、というか青春パンクはむさ苦しい男が聴く曲と思い、

その当時流行っていた、メロコアのようにさっぱりとしたパンクを聞くようになり、

しばらく銀杏ボーイズからは離れていました。

なんとなく、銀杏ボーイズを聞いていることが恥ずかしいというような風潮があって、

それに流されていました。

それから銀杏ボーイズはなかなかアルバムも出さなかったので、どんどん気持ちが離れていきました。

シングルはちょくちょく出ていたんですが、まったくフォローをしていませんでした。

それから月日がだいぶ経ちまして、

僕も大学を卒業した、

そんなある日。

「光のなかに立っていてね」
「BEACH」

の二枚の発売を急に銀杏が発表したわけなんですが、

正直、全然気にとめていませんでした。

ただ、なんとなく懐かしいから久しぶりに聞いてみるかと軽い気持ちでこの2枚のアルバムを購入したんですが、

久しぶりに聞いた途端、

涙が止まらなくなってしまいました。

青春時代がふわっと、一気に戻ってきたようで、

あの頃の熱い気持ちが急に蘇ってきて、

ざわざわした気持ちを抑えることができませんでした。

あー青春だなーって。

やっぱなんだかんだ銀杏が好きだったんだなと再確認させられました。

その後、結局峯田以外のメンバーが辞めてしまったりして、

現在はサポートメンバーを入れて活動している銀杏ボーイズなんですが、

ちょっと前に出した3枚のシングルも最高ですね。

言葉にするのが難しいですが、銀杏ボーイズに救われたり、

ざわざわさせられたり。

銀杏を聞かなければここまで人生をこじらせることはなかったんじゃないかとさえ思います。

それくらい影響力の強いバンドです。

魅力を語るにはかなり時間がかかりそうなので、とりあえず今回はこのくらいにしておきます。

とりあえず、

君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命
DOOR

は必ず聞いてください。おすすめです。