映画【ガタカ】眠れない夜にぜひ!SF映画の金字塔!

映画

みなさんこんにちは!仮面夫婦のひょっとこです!!

私はSF映画が大好きです。

中でもSFディストピア映画の名作、ガタカはオールタイムベストのトップ10に
入ってくるほどに好きです。

1997年の映画なんですが、今見ても全然古さを感じません。
建物の無機質な感じとかまさにSF映画という感じ。
全体的にすごく冷たい画が続くので、眠くなるかも。

物語は、主人公のイーサンホーク演じるヴィンセントが宇宙飛行士になる為にあの手この手を使って奮闘するお話。それだけではどこにでもあるSF映画なのですが、遺伝子操作による出産(確か体外受精)が当たり前になった未来の話で、自然出産ではなくて完璧なDNAを持った「適正者」が多く存在する世界の話。

主人公のヴィンセントは「不適正者」として生まれた為(普通出産)本来宇宙飛行士にはどう頑張ってもなれないのです。
努力したところでそもそも絶対宇宙には行けないんだから理不尽な世界ですよね。夢は努力しても叶いません!まさにディストピア。

そこでヴィンセントはDNAブローカーに出会ってジュードロウ演じるジェロームモロー(適正者)の血液や尿など、DNA検査に必要な物を手に入れて、ジェロームモロー(ジュードロウ)として宇宙飛行士を目指す、というのが物語の概要です。

私はこの映画を観て、夢は努力で必ず叶えられるということだけでなく、
一人では成し遂げることはできないということと、努力する姿は回りの人間の
心も動かすということを学びました。

当たり前のことなんだけれど、人生に 仕事に 何かと悩んだときはこの映画を観ます。

あとロッキー。このふたつは栄養ドリンクみたいな映画。

音楽もいいんです。

眠れない夜に是非見ていただきたい映画です。

読んでくださりありがとうございます!